CRMコラム

/CRMコラム
­

アトリビューション分析の更なる重要性

優先順位の変化 マーケティングアトリビューション分析(メディア別の効果測定)の最終的な目的は、マーケッターが彼らの行ったマーケティング行為やメディアの効果を追跡し、ビジネス全体に及ぼす影響を測定することにあり、クロスチャネルの測定がますます重要視されつつあります。 […]

|6月 6th, 2017|CRMコラム|アトリビューション分析の更なる重要性 はコメントを受け付けていません。

アトリビューション分析の重要性

  イントロダクション 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたといいます。 『広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!』 今日の最新技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのは以前に比べてはるかに簡単になりました。 […]

|5月 24th, 2017|CRMコラム|アトリビューション分析の重要性 はコメントを受け付けていません。

データドリブンがマーケティングを導く時がきた

2017年に入って、データドリブン・マーケティングがより大きく、より顧客体験に結び付けられるようになって来ています。データドリブン・マーケターには、顧客に期待通りの行動を喚起させるために、適切な顧客の目の前に、適切な時に、適切なメッセージを届ける事が重要だと考えられています。 […]

|5月 10th, 2017|CRMコラム|データドリブンがマーケティングを導く時がきた はコメントを受け付けていません。

マーケターと顧客のギャップを埋めるには

従来の消費者の購入プロセスは、DM、新聞広告、テレビCMなどを見た後、店舗に行って購入するという、いたって直線的なものでした。しかし技術が進歩するにしたがって、消費者の購買プロセスは、複雑なものへと変化してきています。 […]

|4月 18th, 2017|CRMコラム|マーケターと顧客のギャップを埋めるには はコメントを受け付けていません。

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)は変わってしまった!

B2BやB2Cの購買者は、豊富な情報を持ち合わせているので、購入する前に欲しいものについて入念に調べます。例えば、モバイルデバイスを使ってウェブサイトを閲覧したり、ソーシャルネットワークでアドバイスを貰ったり、または友達や同僚に彼らの体験を聞いたり、第三者が投稿したレビューを読んだりと、様々な方法でほしいものについての情報を集め、本当に購入するか否かを判断しているのです。 […]

|4月 4th, 2017|CRMコラム|カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)は変わってしまった! はコメントを受け付けていません。

顧客の継続率は2つの指標を管理

継続率を上げるためには、適切な顧客セグメンテーションを行い、セグメント顧客ごとに適切なコミュニケーションを行って、顧客との関係を継続・育成していくことが重要です。その顧客セグメンテーションとしてよく利用されるのが、「RFM(R=最新購入日からの経過日数、F=累計購入回数、M=購入金額)」という指標です。

|2月 5th, 2016|CRMコラム|顧客の継続率は2つの指標を管理 はコメントを受け付けていません。

CV(コンバージョン)の方程式

コンバージョンの方程式をご存知でしょうか? マーケティング担当の方であれば、自社のCV(コンバージョン)率について常にウォッチする必要があると思いますが、一目でコンバージョン率の計算式ではないことはわかると思います。ですが、CV率をウォッチする以前に考慮する必要がある「コンバージョン確率」の方程式です。

|1月 21st, 2016|CRMコラム|CV(コンバージョン)の方程式 はコメントを受け付けていません。

アパレル通販の送料無料販促はリピート売上に関係する

アパレル通販 でも大切なリピーターの獲得。お客様へのメールマガジン配信やステップメールを設定、定期的にセールを行ったりと様々な販売戦略がある中、送料無料でリピーターが獲得できたという事例をご紹介します。一見、送料無料販促とリピーター獲得は関係無さそうですが、ひとつの要素を顧客分析結果から使用しただけでリピート売上を10%拡大してリピート売上60%超えを達成し1年で売上を激変させた有名なアパレル通販企業です。

|2月 26th, 2015|CRMコラム|アパレル通販の送料無料販促はリピート売上に関係する はコメントを受け付けていません。

「直感型マーケティング」と「分析型マーケテイング」

通販の販促には「直感」と「分析」があります。 通販事業、特に経営者(運営者)としてはどちらの要素も必要と言われています。実に、直感と行動力、スピードで通販を急速に拡大している企業も少なくはありません。 ですが、今以上に通販事業を拡大していくためにはある程度の「分析力」も必要になってきます。

|2月 18th, 2015|CRMコラム|「直感型マーケティング」と「分析型マーケテイング」 はコメントを受け付けていません。

通販のお客様の声で共感を引き出すポイント(2)

体験談においても、クリエイティブや掲載物のABテストを行うことで自社通販の商材・ターゲット層に響く広告を見つける事が重要になってきます。LP制作や同梱チラシ制作についてもひとつの体験談を使い回さず、前回記事に掲載した2つのタイプや愛用者の世代・写真などを変更して精度を高めていくことが大切です。

|1月 15th, 2015|CRMコラム|通販のお客様の声で共感を引き出すポイント(2) はコメントを受け付けていません。
LTV-Lab が 通販CRM として選ばれる理由 通販のCRMコラム 通販CRM 導入前の説明会のご案内 宮内 通販業種別 CRM 運用のご提案