カナダの猫用トイレを販売する通販企業(Bulk Cat Litter Warehouse社)が行った
ダイレクトメールによる販促が素晴らしかったのでご紹介します。
(自分自身が猫好きという理由もありますが・・)

このダイレクトメールは、猫が興奮する物質が含まれるイヌハッカ(名前がw)の香りを染み込ませた紙が使用されており、ダイレクトメールが家に届くと飼い猫がダイレクトメールに飛びついて離れない!という減少が発生するという仕組みだそうです。その結果、ダイレクトメールの開封率が劇的に向上したというものです。

一見普通のメールに見えるのだが・・

一見、普通のダイレクトメールに見えるのですが、印刷時に猫まっしぐらな臭いが添付されています。

メールにかぶりつく猫

結果・・猫まっしぐらw
ダイレクトメールがぐちゃぐちゃになるまで必死にw

メール開封率が劇的に変化

子猫もまっしぐら。
ダイレクトメール を飼い主が取り上げるまで猫は ダイレクトメール にしがみついています。

もちろん、 ダイレクトメール を受け取った飼い主は、何が起こっているのか全くわからずに、夢中になってかぶりついている ダイレクトメール を取り上げて開封するというシナリオが大成功したということです。

参考サイト:Ads Of The World

Eメールマーケティングとは違う、ダイレクトメール (郵送物)の紹介でした。
購入者の本当のターゲットである「猫」を最大限利用した素晴らしい販促ですよね。

この印刷物に香りを付ける ダイレクトメール は
日本でもサービスしている会社がありますので、
ペット用品に限らずひとつの販促方法として利用してみてはどうでしょうか?