こんにちわ(-_-)/

今日「鷹」って書ける?って話題になりました。
毎日パソコンで仕事をしていると漢字が読めても書けなくなると言われている通り「鷹」という漢字も読めても、書く時にさらさら書ける自信が無くなってきた・・と。

しかも、たまに文字を書くとすごく下手になってしまうんですよね。。たまには手書きで「書く」ことをしないとどんどん書けなくなってきそうな気がしてきました。

(-_-)書けなくなったら書いてもらおう

というアメリカンな発想で注目されているサービスがあります。

HANDIE MAILというサービスはフォームに送りたい相手の情報と内容を入力すれば手書きで手紙を郵送してくれるサービスです。

書いて 送信したら リアルにてがみが届く

書いて 送信したら リアルにてがみが届く

サービスはとてもシンプルです。
フォームページに入力すれば、手書きの手紙が実際に相手の自宅に届くというもの。

手書き 風

相手に届く手紙は、しっかりと肉筆です。

FAQには
「実際に人が書いたの?」という質問に対して、
「失礼な!全部 人が書いています!」と書いてありました。

HANDIE MAILでは実際に人が手紙を執筆代行してくれるサービスですが、手書き風にしっかりと書いてくれるロボットもあるみたいですね(-_-;)

本当にスゴイ(・∀・)

日本ではこのサービスがあまりないので、もしかしたらのビジネスチャンスかもですね。その前に、LTV-Labと手書きライターを連携するとかできないでしょうかね・・。ステップメールを設定すると、実際に執筆代行者が手書きDMを発送してくれるような(需要ないか・・)