こんにちわ(-_-)/

もう年末ですね。
スマホを持つ手もそろそろ手袋が必要になってきそうな寒さです。
最近では、親指と人差指に特殊な素材が付いていてスマホ操作ができる手袋なんかも発売されていて冬でも快適にスマホライフが送れるようになっていますね。

ふと気づいたのですが、自分は「右利き」なのにスマホ操作は「左手」なんです。
ガラケー時代から携帯電話は左手操作だったのであまり違和感なく使っていたのですが、最近ではタブレット端末や6インチ以上のスマホなども登場して、どんな操作をしているのかちょっと気になったので調べてみました。

というのも、メールクリエイティブやwebデザインを考える時に左右どちらにボタンを配置するべきか迷う時があるんです。特に「トップに戻る」などのボタンは多くのwebサイトでは右下に設置されているんですが、左利きの自分には使いづらいんですよね。。

スマホ操作は右手と左手どちら?

右手操作が半数を占める

スマホを持つ手で年齢がわかる!? 20代は右手、30代は左手が優勢【スマホ調査】 より

調査対象がかなり少数ではあるのですが、想像通りの結果かもしれません。
2013年の調査なので、もしかしたら最近では両手操作派がもっと増えているかもしれませんね。

年齢別スマホ操作

右利きだけど左手持ち派は30代に多い?!

(-_-)まさに自分です。。

これに関して社内で出てきたのが「固定電話に慣れ親しんでいた世代」と「子供時代から携帯電話が普及していた世代」で差が出たのではないか、という説。確かに、右利きなら固定電話は左手で受話器を持ち、右手でダイヤルするのが一般的ですよね。そのまま携帯電話も左手で持つようになり、スマートフォンも、そのままの習慣で左手で持っているのかもしれません。

引用どおり。
ということは、利き手を考慮したり両手持ちを考慮してWEBデザインやメールクリエイティブを考えなくてはならないのでしょうか?

真ん中デザイン

レスポンシブの流れで真ん中中心デザインがおすすめ

利き手や操作方法、マルチデバイスを考慮するとレスポンシブ・デザインと同様「真ん中 中心デザイン」がおすすめです。左利きであってもパソコンであっても、両手持ちであっても真ん中は変わらないですからね。ちなみにスマホ端末では2カラムデザインが画像や文字を判別しやすく、タッチしやすいとも言われています。

ちなみに、親指の長さは男性で約6cm女性で約5cm。

親指のサイズ

指腹部までは男女平均で5cm以下

先日発売されたiphone6 Plusの画面サイズは

iphone6 plusで6.8cm

男性でも片手操作は困難なiphone6 Plus・・

親指のサイズから明確なのは、
「右下と左下のボタンは押しづらい(不親切)」ということです。
LPでよく使用されている1カラムデザインもスマホやタブレット向けに
再度デザインを組み立て直す必要があるかもしれませんね。

ちなみに、雑誌広告や新聞広告などのデザインをする時には
「媒体がどちらから開くか」というのがデザインの決め手になります。
右綴じの場合は右にキャッチを、左綴じの場合は左にキャッチを。
紙のめくれアクションと組み合わせて動きがある側を目立たせることが基本です。